令和5年もよろしくお願いします。

【どうする家康】本多忠勝を戦国最強に鍛え上げた師匠・本多忠真(波岡一喜:演)とは何者か?その武勇伝を紹介

戦国時代
スポンサーリンク

酔いどれサムライ

本多忠真 ほんだ・ただざね
[波岡一喜] なみおか かずき

松平家のために代々身を捧げてきた本多家の武将。叔父として忠勝に武芸を徹底的にたたき込み、最強武士に育てた。昼間から徳利を片手に酒を飲み、酔っているのか正気なのかわからないが、戦場ではスイッチが入ったように体が動く。

※NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

典型的な「普段はだらしないけど、やるときはやる」キャラ・本多忠真。戦国時代でも屈指の豪傑・本多忠勝(演:山田裕貴)を育てただけあって、本人も相当な使い手でした。

浪岡一喜が演じる本多忠真。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

今回はそんな本多忠真がどんな生涯を送ったのかを紹介。令和5年(2023年)大河ドラマ「どうする家康」の予習にどうぞ。

スポンサーリンク

忠勝を「戦国最強」に鍛え上げる

本多忠真の生年については諸説あり、嘉禄4年(1531年)か天文3年(1534年)に本多忠豊(ただとよ)の次男として誕生しました(便宜上、以下嘉禄4・1531年誕生説を前提に話を進めます)。

忠真が15歳となった天文14年(1545年)に父・忠豊が三河国安祥城(現:愛知県安城市)攻めで討死。4年後の天文18年(1549年)には兄の本多忠高(ただたか)も安祥城攻めで討死してしまいました。

この時わずかに19歳、既に元服していたとは言えまだまだ若輩者でしたが、これからは自分が本多家を引っ張っていかねばなりません。

兄の妻と子・鍋之助(なべのすけ)を引き取って養育し、こと鍋之助には文武両道を叩きこんだと言います。

「きっと父上を超える、いや、天下一の侍となるのだぞ!」

「はい!」

熱く激しい武者修行の末、元服した鍋之助は本多平八郎忠勝(へいはちろう ただかつ)と改名。永禄3年(1560年)に初陣を飾りました。

立派に成長した本多忠勝(イメージ)

「ゆくぞ平八!」

「はい、叔父上!」

後に桶狭間の合戦と呼ばれる織田信長(演:岡田准一)との戦いで、鷲津砦に攻め込みます。これまで鍛え上げた槍を存分に奮って突き進む忠勝。

「危ない!」

血気に逸る忠勝は、織田方の山崎多十郎(やまさき たじゅうろう)に隙を衝かれて窮地に陥ります。

「覚g……っ!」

ここで間一髪、忠真の投げつけた槍が山崎に命中。忠勝は事なきを得ました。

「たわけ、武勇におごって油断するな!」

「申し訳ございませぬ!」

その後の合戦でも二人は助け合って数々の武勲を立て、忠真は肥後守の官途(私称)を許されます。忠勝も冷静沈着な武将に成長しました。

永禄6年(1563年)の三河一向一揆では主君・徳川家康(演:松本潤)に対する忠誠はみじんも揺るがず、忠勝と共に苦闘を潜り抜けました(当時、多くの者が忠義よりも信仰を選び、徳川家臣団の約半分が寝返ったと言います)。

苦境に陥る徳川勢。揚州周延「味方ヶ原合戦之図」

そんな忠真の最期は元亀3年(1572年)12月。三方ヶ原の合戦で武田信玄(演:阿部寛)に敗れた際、味方を退却させるために殿軍(しんがり)を買って出たのです。

「叔父上 !」

「わしに構うな、そなたは菊丸(きくまる。忠真の嫡男)と共に御屋形様(家康)をお守りするのじゃ!」

一人残った忠真は両脇に旗指物を突き立て、「これよりは一歩も退がらぬ!死にたい者からかかって参れ!」と迫り来る武田の大軍に斬り込み、散華したのでした。享年43歳。

スポンサーリンク

終わりに

以上、本多忠真の生涯を駆け足でたどってきました。なお菊丸は父の菩提を弔うために出家したと言います。もしかしたら元から身体が弱かったか、あるいはもう戦えないほど負傷してしまったのかも知れません。

「叔父上……!」

戦国最強?の誉れ高い本多忠勝。彼の少年時代にも注目。

忠真の死を乗り越えて、本多忠勝は戦国最強(諸説あり)とも謳われた武勇を発揮することになります。その辺りは、また改めて。

果たして波岡一喜さんの演じる本多忠真は、どんなアレンジを魅せてくれるのでしょうか。忠勝と育む師弟の絆エピソードなど、今から楽しみですね!

※参考文献:

  • 伊藤賀一 監修『家康の戦略を支えた最強徳川家臣団のすべて』宝島社、2022年11月
  • 野中信二『徳川家康と三河家臣団』学陽書房、2022年12月16日
  • 『徳川四天王 精強家康軍団奮闘譜』学研プラス、1991年1月

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました