New! 道長の妻たち&子供たち【光る君へ】

【源氏物語】みんなは誰推し?『源氏物語』の推しキャラ3選×男女編【光る君へ】

古典文学
スポンサーリンク

平安文学を代表する最高傑作の一つ『源氏物語』。

紫式部によって紡がれたと伝わる、全53帖(条)からなる壮大な物語は、千年の歳月を越えて世界中の人々から愛され続けています。

かくいう筆者も『源氏物語』ファンの一人。

今回は『源氏物語』に登場するさまざまな人物の中から、個人的に推したいキャラを男女3人ずつ紹介。皆さんにも、彼ら彼女らを好きになって欲しいです!

スポンサーリンク

『源氏物語』の推しキャラ3選【女性編】

『源氏物語絵巻』より、夫・夕霧の背後に忍び寄る雲居雁。

1位:紫上(むらさきのうえ)

2位:雲居雁(くもゐのかり)

3位:近江君(おうみのきみ)

【紫上】

作者の女房名(紫式部)にもなっている紫上。他のどのヒロインをおいても、彼女がいなくては始まりません。

生まれ以外は何もかも完璧な光源氏の妻として、生涯にわたり夫だけを愛し続けます。

それなのに光源氏のヤツめは、自身のコンプレックスから最愛の彼女を絶望の奈落へ突き落とし、すべてを台無しにしてしまうのでした。

【雲居雁】

頭中将の娘で、光源氏にとっては嫡男・夕霧の嫁に当たります。

夕霧とは幼なじみであり、互いに想い合いながら結ばれるまで紆余曲折を経るのでした。

夫の浮気に耐え忍ぶのが当たり前だった当時の女性に珍しく、可愛らしく嫉妬の感情を表します。

現代的な感覚を持った女性で、ファンも多いのではないでしょうか。

【近江君】

頭中将の娘……ではあるのですが、庶民の間で育ったため、下品を絵に描いたようなお転婆娘に。

ひょんな事からやんごとなき貴族たちに囲まれ、笑われ者にされてしまいます。

それでもめげずに努力するものの、そのベクトルは貴族社会に求められるものではなく、結局成果は上がりません。

最後は飼い殺し状態に嫌気が差して、どこへともなく去って行ったのでした。

『源氏物語』の推しキャラ3選【男性編】

『源氏物語絵巻』より、不徳の報いを受け、不義の子を我が子と抱く光源氏。

1位:光源氏(ひかるげんじ)

2位:頭中将(とうのちゅうじょう)

3位:伊予介(いよのすけ)

【光源氏】

美女から醜女、少女から老女まで、さまざまな女性を抱きに抱き続けた貴種流離譚の主人公。

亡き母・桐壺更衣(きりつぼのこうい)の面影を探し求めて苦しむ様は、単なる色男とは一線を画す存在と言えるでしょう。

どこまでも愚かで、どこまでも愛すべきスーパーエリートマザコンゲス野郎。

すべてを手に入れながら、すべてを喪った人生は、読者の胸を強く打つのでした。

【頭中将】

光源氏とは親友であり親戚でありライバルであった頭中将。

基本的にキレ者であるはずなのに、光源氏と何か競う時になると、人が変わったように能力が激減してしまうのはなぜでしょうか。

単に作者のご都合主義、光源氏の引き立て役にされただけかも知れません。

しかしもしかしたら、光源氏にだけは弱かった……そんな設定もたまらなくないですか?

【伊予介】

誰それ?と思われる方も多いでしょう。空蝉(うつせみ)の夫、と言えば思い出していただけるかも知れませんね。

父娘ほども歳の差夫婦で、身分の低い地方役人の彼(伊予国の国司次官)。

光源氏に妻を寝盗られたと薄々察しながら、それを見逃してしまう「丸さ」に、老いの寂しさを痛感します。

一説には紫式部の夫・藤原宣孝(のぶたか)がモデルだとか。彼らも父娘ほどといわれる歳の差夫婦でした。

終わりに

以上『源氏物語』より、独断と偏見で推しキャラたちを紹介してきました。

皆さんの推しキャラはいたでしょうか。

NHK大河ドラマ「光る君へ」では、彼ら彼女らのモチーフが描かれるのか、楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました