令和5年もよろしくお願いします。

松平元康18歳。ところでみんなは何歳なの?家臣やライバルなどの年齢を確認【どうする家康】

戦国時代
スポンサーリンク

桶狭間の合戦(永禄3・1560年)時点で18歳の松平元康(演:松本潤)。その周囲には多くの仲間たちが活躍しています。ところで、その年齢関係はどうなっていたのでしょうか。

NHK大河ドラマ「どうする家康」では演者さんの風貌や年齢でイメージしがちですが、実際のところを知ると、ドラマの印象も少し違ってくるかも知れません。

頭を抱えてテンパる元康。情けなく見えるかも知れないが、当時18歳の少年に家臣たちの命を担わせるのはなかなかに酷である。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

そこで今回は、三河家臣団+αの年齢と生年をまとめてみました。ドラマ鑑賞の参考になるかと思います。

スポンサーリンク

三河家臣団の年齢と生年まとめ

鳥居忠吉(演:イッセー尾形)
80代(『徳川実紀』など)……生年不詳、元康より60歳以上年長

夏目広次(演:甲本雅裕)
43歳……永正15年(1518年)生まれ、元康より25歳年長

酒井忠次(演:大森南朋)
34歳……大永7年(1527年)生まれ、元康より16歳年長

本多忠真(演:波岡一喜)
30歳……享禄4年(1531年)生まれ、元康より12歳年長

大久保忠世(演:小手伸也)
29歳……天文元年(1532年)生まれ、元康より11歳年長

石川数正(左28歳)と酒井忠次(右34歳)。若くしてなかなかの貫禄である。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

石川数正(演:松重豊)
28歳……天文2年(1533年)生まれ、元康より10歳年長

鳥居元忠(演:音雄琢真)
22歳……天文8年(1539年)生まれ、元康より4歳年長

平岩親吉(演:岡部大)
19歳……天文11年(1542年)生まれ、元康より1歳年長

本多忠勝(演:山田祐貴)
13歳……天文17年(1548年)生まれ、元康より5歳年少

本田忠勝13歳(右)。現代なら中学1~2年生、ためらうことなく介錯を申し出る度胸、只者ではない。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

榊原康政(演:杉原遥亮)
13歳……天文17年(1548年)生まれ、元康より5歳年少

並べてみると、平岩親吉や鳥居元忠は親しみやすく、石川数正以上の世代はとっつきにくそうです。本多忠勝・榊原康政たちは可愛い(生意気な?)弟分と言ったところでしょうか。

それにしても、大久保忠世は当時29歳。若いのに薄毛を気にしている設定(出典)はどこから持って来たのか、そして必要だったのか(今後活きてくるのか)、ちょっと可哀想な気がしますね。

せっかくなので、今後の登場が判明している家臣たちについても紹介していきましょう。

松山ケンイチ演じる本多正信。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

本多正信(演:松山ケンイチ)
23歳……天文7年(1538年)生まれ、元康より5歳年長

渡辺守綱(演:木村昴)
19歳……天文11年(1542年)生まれ、元康より1歳年長

服部半蔵(演:山田孝之)
19歳……天文11年(1542年)生まれ、元康より1歳年長

井伊直政(演:板垣李光人)
誕生1年前……永禄4年(1561年)生まれ、元康より18歳年少

ストーリーの進行に関係ないためあまり意識されませんが(意識すると、演者さんとのギャップが気になる)、実際には年齢の近い同士が仲良くなったり、何かあった時に年齢を持ち出したり(年下のくせに!等)という場面もあったのでしょうね。

スポンサーリンク

終わりに

「おなごに歳を訊くとは、何と無礼な!」お田鶴さん(最右)に怒られそう。NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイトより

ちなみに、愛妻の瀬名(演:有村架純)はじめ関口家の皆さん(関口氏純)はいずれも生年不詳。しかし永禄2年(1559年)に嫡男・竹千代(後の松平信康)を生んでいることから、元康と同年代以上(少なくとも極端に年下ではない)と考えられます。

ほか、元康の師やライバルたちについても紹介していきましょう。

今川義元(演:野村萬斎)
42歳……永正16年(1519年)生まれ、元康より24歳年長

今川氏真(演:溝端淳平)
23歳……天文7年(1538年)生まれ、元康より5歳年長

織田信長(演:岡田准一)
27歳……天文3年(1534年)生まれ、元康より9歳年長

武田信玄(演:阿部寛)
40歳……大永元年(1521年)生まれ、元康より22歳年長

有名な川中島の合戦(第四次。永禄4・1561年)における信玄公。41歳(満39~40歳)とは思えぬ貫禄。歌川国芳筆

私事で恐縮ながら、筆者は令和5年(2023年)で44歳(昭和55・1980年生まれ、年齢は当時と同じ陰暦で換算)。義元も信玄も今の自分より年下とは、俄かに信じがたいところですが、戦国乱世の厳しさが感じられます。

海千山千の強者たちにもまれながら、泰平の世を目指して生き抜いていく元康。これからの成長が楽しみですね!

※参考文献:

  • 『NHK大河ドラマ・ガイド どうする家康 前編』NHK出版、2023年1月
  • 煎本増夫 編『徳川家康家臣団の事典』東京堂出版、2015年1月
  • 小川雄ら編著『図説 徳川家康と家臣団 平和の礎を築いた稀代の“天下人”』戎光祥出版、2022年10月

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました