【New】EUの母と呼ばれたクーデンホーフ光子【中】

アルハラ撃退!酒は呑め呑め黒田武士・母里友信の酒豪エピソード

戦国時代
スポンサーリンク

「何だよお前、酒呑めないのかよ!」

「いえ、今日は車で来ているので……」

昨今いくらか減って来たとはいえ、いまだに一部ではびこっているアルハラ(アルコール・ハラスメント)。

「え~、キミお酒呑めないの?男のくせに軟弱~!」

「いや、だから運転なんですってば……」

どうして「酒が呑めないと軟弱」なのかは意味不明ですが、この「男たるもの酒を呑むべし」という悪しき価値観は21世紀、令和の御代になってもいまだ根強く残っています。

呑みたければ(財布や肝臓などの事情が許す限り)好きなだけ勝手にに呑めばいいと思いますが、それでも他人に強要するのは本当に迷惑ですね。「酒は自分のペースで適量を」が大人の合言葉です。

福岡市博物館蔵「母里友信 肖像」

そんな迷惑な事例は戦国時代にもあったようで、今回は黒田長政(くろだ ながまさ)の家臣でも特に勇猛で知られた黒田八虎(~はっこ)の一人・母里但馬守太兵衛友信(もり たじまのかみ たへゑとものぶ)を紹介。

豪傑らしいアルハラ撃退エピソード、いったい何をしたのでしょうか。

スポンサーリンク

仕事中に酒はちょっと……

母里友信は弘治2年(1556年)、現代の兵庫県姫路市に当たる播磨国飾磨郡妻鹿の国人・曽我一信(そが かつのぶ)の子として誕生、永禄12年(1569年)に母方の母里家へ養子入り、母里太兵衛と呼ばれました。

18歳となった天正元年(1573年)、印南野合戦で初陣を飾って以来、常に黒田家の先鋒を務めて数々の武勲を立て、その生涯に76もの首級を上げた豪傑です。

そんな太兵衛がある時、京都の伏見城に滞在していた福島正則(ふくしま まさのり)の元へ使者として派遣されました。

「おぅ、但馬(太兵衛)殿か。遠路ご苦労である。まぁ、一杯呑まれよ」

東京国立博物館蔵「福島正則公 肖像」

面会した正則はすっかりいい気分で、公務でやってきた太兵衛にも酒を勧めます。

「いえ。それがしは公務中にございますれば、酒は又の折にでも」

酒は嫌いじゃない、むしろ好きな方ですが、今は主君より命を受けて遣わされているのであり、酒に酔って粗相などする訳にはいきません。

これを聞いて、現代人なら「じゃあ、仕方ないな」となるのでしょうが、正則は大の酒好き、また酒豪と来ています。

「何じゃ、堅いことを申すでない。さぁさぁ一献やらいでか」

正則はこれでもかとばかりの大盃に酒をなみなみと注ぎ、これを太兵衛に押しつけました。

「されば、主の御用が済みましたら……」

とにかく今はまだ公務中だから、後でだったらつき合ってやるから……そう固辞し続ける太兵衛に、正則は腹を立てて挑発します。

「まったく、逃げ口上ばかり並べおって……酒に酔ったくらいで役目も果たせぬとは、黒田の家中に男はおらぬようじゃなぁ」

そこまで侮辱されては、さすがの太兵衛も黙ってはおれませんでした。

呑んだ褒美は日本一

「よろしい。ならばそれしき、一呑みに干して進ぜよう。して、干せたならば、何とされる」

「そなたの望み通りに褒美をとらせよう……ヒック」

「武士に二言はございますまいな」

「ござらぬ、ござらぬ。さっさと干されぃ……ウィ」

完全に「呑み干せる訳がなかろう」とナメ切った態度……干せるか否か、見るがいい。

「然らば」

言うなり太兵衛は受け取った大盃をグイグイと傾け、瞬く間に呑み干してしまいました。

「お望みとあらば……」大盃を呑み干す太兵衛(イメージ)

「……いかがか」

約束の褒美として、正則が豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)から拝領した天下の名槍「日本号(ひのもとごう)」を要求。

「え、流石にこれだけは……」

正則は大いに渋りましたが、太兵衛が「武士に二言は……」と迫ると、やむなくこれを明け渡しました。

「酒を馳走になった上、土産の槍まで賜った。いやぁ福島殿は気前がよいのぅ」

以来、この日本号は「呑み取りの槍」などと呼ばれ、黒田武士の面目を大いに施したということです。

終わりに

♪酒は呑め呑め 呑むならば
 日本一(ひのもといち)の この槍を
 呑み取るほどに 呑むならば
 これぞ真(まこと)の 黒田武士……♪

※民謡「黒田節」より

これも結局「酒を呑むならば、日本一の槍を勝ち取るような呑み方をしてこそ真の黒田武士=男だ」というオチですが、呑むべきでない場面においてキチンと断る芯の強さも、やはり大切ではないでしょうか。

日本号を拝領した母里友信の銅像。Wikipediaより(撮影:Muyo氏)

福島正則が日本号を失ったくらいならまだ可愛いもので、酒に酔って人生の大切なものを失い、取り返しがつかなくなってしまったエピソードは枚挙にいとまがありません。

「酒は自分のペースで適量を」

酒量の多寡で人間(特に男性)の価値を量ろうとする昭和以前の価値観が改まることを、心より願っています。

※参考文献:

  • 本山一城『黒田官兵衛と二十四騎』宮帯出版社、2014年3月
  • 本山一城『黒田軍団 如水・長政と二十四騎の牛角武者たち』宮帯出版社、2008年9月
  • 小和田康経『刀剣目録』新紀元社、2015年6月

コメント

タイトルとURLをコピーしました