【New】企画展「源頼朝はなぜ鎌倉を選んだか」取材!

やはり鎌倉幕府が「いい国(1192年)」な理由…時勢に流されず、歴史全体を見つめる視野を

鎌倉時代
スポンサーリンク

近年、鎌倉幕府の成立について、源頼朝(みなもとの よりとも)公が征夷大将軍に補任された建久3年(1192年)ではなく、源義経(よしつね)の追捕などを目的として全国に守護や地頭の設置が認められ(※文治の勅許)、武家政権による全国的な支配体制を確立した文治元年(1185年)であったとする新設が声高に叫ばれるようになりました。

「まだ『いい国(1192年)』なんて言ってるの?今はもう『いい箱(1185年)』が常識だよ!」

伝 源頼朝公肖像。Wikipediaより

また、従来のように頼朝公が武家の棟梁として征夷大将軍の地位を熱望していた訳ではなく、せっかく得た征夷大将軍の地位も就任から間もなく辞していることも、ますます「1185年幕府成立説」を強化しているように思われます。

しかし、この主張は鎌倉幕府という単独事例だけを見て、日本の歴史全体を見渡す視野に欠けた「木を見て森を見ず」ではないでしょうか。

スポンサーリンク

3つの幕府に共通する征夷大将軍

大前提として、幕府という用語は近現代の歴史研究において「中世から近世にかけてしかれた武家政権による全国的な統治機構」の概念を便宜的に示すために造られたものであり、当時の将軍や御家人などが「幕府を開く」「幕府に仕える」「幕府を倒す」などと言っていた訳ではありません。

それを踏まえて将軍当局が全国的な支配体制を整備・確率した時点をもって幕府の成立と見なす考えにも一理ないではないものの、それだけで見てしまうと室町幕府や江戸幕府との整合性がとれなくなり、それらの成立時期につても見直す必要が出てくるでしょう(なぜか、そういう議論は不思議と起こりません)。

伝 足利尊氏肖像。Wikipediaより

鎌倉(源家)・室町(足利家)・江戸(徳川家)……3つの幕府それぞれの創始者たる頼朝公、足利尊氏(あしかが たかうじ)、徳川家康(とくがわ いえやす)の3名に共通する「武家の棟梁」たるに相応しい称号と言えば、征夷大将軍を措いてありません。

【源頼朝公】
建久元年(1190年)11月24日 右近衛大将
建久3年(1192年)7月12日 征夷大将軍

【足利尊氏】
建武2年(1335年)8月9日 征東将軍
建武5年(1338年)8月11日 征夷大将軍

【徳川家康】
天正15年(1588年)12月28日 左近衛大将
慶長8年(1603年)2月21日 征夷大将軍

既に整っていた支配体制(実)に、征夷大将軍という称号(名)が備わることで、名実ともに皇室の権威をもって日本全国を支配する幕府が確立したと言えるでしょう。

歴史はいくらでも書き換えられるが……

ところで、近ごろ叫ばれ出した「いい箱」説は、何か新たな史料が発見された訳でもなければ、既存の資料研究がより進んだという訳でもなく、ただ既に判っていた事実の解釈を変えたに過ぎません。

事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。

Byフリードリヒ・ニーチェ(1844~1900)

そもそも当時に幕府という概念が存在しなかった以上、ある程度それらしい説得力さえ伴えば、その成立時期を動かす新説をたやすくひねり出せてしまいます。

伝 徳川家康肖像。Wikipediaより

すると室町幕府、江戸幕府と他の時代との整合性がとれなくなってしまいますが、歴史学者としての功に逸って新儀を工み出す(※)前に、「なぜ先人たちが征夷大将軍の宣下をもって幕府の成立と解釈したのか」に思いをいたす誠実さが必要でしょう。

(※)しんぎをたくみだす:新たなシステムなどを創出すること。本来はポジティブなニュアンスでも用いられたが、昨今では多く「朝三暮四的な小手先の点数稼ぎ」を指します。

古来「歴史は常に書き換えられる」とはよく言ったもので、歴史とは往々にして、声の大きな勝者の手により、都合よく書き換えられてきました。

今回言及した「いい国⇒いい箱」の流れについても、インフルエンサーたちの威勢には抗いがたく、ついには押し流されていくのでしょうが、ただ賢しく勝馬に乗ずるばかりでなく、「なぜそのように歴史がとらえられてきたのか」にも意識を寄せることが、より深く歴史を学ぶ便(よすが)となることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました